割り切りせふれ 人妻不倫専門出会系 アプリ 無料

不倫 人に言えない 背徳感 体験談

LOVEのバナー
人気・実績No1
料金システム:登録無料

普段の生活では出会いがなく、思い切って登録してみました。女の子っぽい外見とは違って、中身は頼りがいがあると思います。でも、ときには誰かに頼りたいときもある~。ひとりの時間を過ごすことにも悲しいことに慣れてきましたが、やっぱり一緒に過ごしていけるパートナーが欲しいです。

詳細はこちら
愛カツのバナー
地域別検索OK!
料金システム:登録無料

仕事と家事に追われる毎日にひと時の"癒し"を求めてます。最近、主人が家を空ける事が多くて寂しいんです。心の淋しさを一緒に埋めて入ってくれる人を探してます。

詳細はこちら

不倫 人に言えない 背徳感 体験談


SNS、それは、モバゲーやグリーのように、ゲームや、サイト内での交流を楽しむためのところでありました。ゲームの感想を言い合ったり、日記を書いてコメントをしてもらったり、逆に他人の日記へコメントを残したり、どこかのコミュニティに参加して同じ趣味や嗜好を持つ人々と交流したり、仲の良い友達とミニメールで個人的な話をしたり。

それらはあくまで「サイト内の交流を目的とした」ものでした。

出会いを求めるような書き込みはもちろん、アドレスを交換する、それをしないかと誘う発言すらNGで、ひどいときには交換まで至っていないのにペナルティ、なんてこともありましたからね。

しかし、みなさんの常識を超えたSNSが、最近、流行りつつあります。それは、不倫SNSです。

不倫SNSとは

不倫SNSとは、世界各国の既婚者が登録し、不倫相手を探すというSNSで、その目的は出会い、すなわち、出会い系サイトのようなサービスといえるのです。従来のSNSでは、出会いを求めるような発言は禁止されていましたが、この不倫SNSというのは、その名からわかりますとおり、出会いを推奨するどころか、みなさん不倫しましょうよと訴えかけるなんともイケナイサイトです。出会い系サイトと何が違うのか、という感じですが、そこはSNS、サクラってやつがどこにもいないんですよね。それだけでもかなり、出会える確率は高くなります。加えて、お金もかからないのですから便利です。あ、通信料はかかりますけどね。

さて、そんな不倫SNS、どうやって使っていけばよいのでしょう。何か普通のSNSと違うところはあるでしょうか。はい、これはもう、まったくもってすべてが出会い系サイトだと考えて使ったほうがいいですね。プロフィール検索などから、好みの異性を探し、連絡をとる。そして、気が合えば、会う日にちを決めて、待ち合わせ場所を決めて、会う。それをするだけのサイトです。

日記などで不倫報告をするのもありですが、それを伴侶に見られたときのことを考えれば、やめておくべきだというのがおわかりいただけるでしょう。まぁ、不倫SNSなんてものに登録している時点で、かなり危ういんですけどね。

しかしながら、人間っていうのはなかなか一途にはなれないものです。若いころのあなたは好き、でも今のおっさん化したあなたは嫌い、という女性は多いですし、若くて綺麗なころに君が好きだったのであって、おばさんと化した今の君は好きではない、という男性も多いでしょう。

いいんですいいんです。息抜きは必要です。息抜きがあるからこそ、パートナーとうまくやっていけるのです。どんどん不倫して、どんどんセックスしていきましょう。適度な息抜きは、相手のことを愛し続ける支えとなります。あなたも不倫SNSを使って、不倫を楽しんじゃいましょう!

妻との不倫関係も成就する?変化する出会い系の今を探ってみた

このところ、大きな広がりをみせているサイトがあります。
出会い系のなかでも、人妻との不倫を取り扱った、いわゆる不倫サイトです。
不倫という言葉が一般的になってから結構経ちますし、実際にそういった関係の人も多いでしょうが、実際に求めている人がいるのかな、というのがホンネでした。
実際には、ドラマや小説や、映画の影響が大きくて、憧れやドキドキを感じたいだけなのかもしれないですね。
このように、出会い系が様々な形で大きくなって、カテゴリも増えて、そのうちなんでもありになってしまいそうで怖かったりします。
実際のところ、ゲイやレズの募集板だってみたことがありますし、珍しいことはなくなってきました。
さすがに、法律が許さないものはまずいでしょうが、一般的に知られている性癖の出会い系はたくさんありました。
こんな出会い系の始まりは、あくまでもインターネットの発達によって生まれてきました。
奇しくも、人妻というジャンルが確立されようとし、不倫という言葉が一般的になったころに、インターネットの基盤となるものが日本でも生まれました。
1983年から1984年のころのことです。
ですが、インターネットの広まりは主に携帯電話のiモードが出始めてからと言われています。
メールが手軽に利用できるようになり、また簡単なサイトのアクセスもできるようになって、当時のSNSサイトを利用して広まったと言われています。

当時、テレビドラマや小説や映画でも、こういった携帯電話を使用した人妻との不倫を題材にしたものが多かったように思います。
それを、現実にやってみたかった、ということなのかもしれません。
特に結婚している奥様=人妻が携帯電話を持ち始めてから、不倫をすることは不思議な感じではなく、あちらもやっているからこちらも、などと、ちょっと許せる雰囲気になってしまっていたのも、ドラマなどの影響が強いのでしょう。
また、このブームを割り切り交際のチャンスと考えている人たちも多いのが事実で、単なる体だけの関係だけではなく、金銭の授受や物品の提供などをからめて交際している人たちも出てきたのでした。
不倫ブームによって、世の中のお父さん達も、一抹の希望を持ってしまったのでしょう、こういった関係に積極的に答えたり、お金を払ってまでも募集している女性と関係を持ってしまったり、あるいは本当の人妻とのダブル不倫関係に発展してしまったりと、まさにやりたい放題の時期もありました。

今現在は、こういったブームのような状態ではなく、むしろジャンルとして定着した感があります。
サイトによっては割り切り交際を希望する人妻はまだたくさんいて、男性を求める人妻が多数書き込んでいます。
なかには、明らかに人妻という「設定」、不倫という「設定」にしている書き込みも見られたりして、こういった言葉の持つ雰囲気がいかに人を高揚させるのかがわかります。

実際に、そんな体験はなかなかないんじゃないか、と思いがちですが、実はそうでもないようです。
人妻の都合の良い時間と言えば、昼間、旦那が会社にいる時間。
その時間、自由になる学生や、外回りの営業、自営業などは、かなり出会う確率が多いと聞きます。
単なる体だけの関係だけではなく、割り切り=援助交際も含めて考えると、その機会はさらに増えています。
よく見る出会い系サイトも、30代、40代の既婚女性の多いことがわかります。
不倫を前提にしている場合もありますし、とくにそれを気にしていない場合もあります。
特に、昨今のAVやサイトなどの影響もあって、「人妻はエロい」「不倫妻はおいしい」などのイメージがあるので、若い男性が希望してくることが多いそうです。
女性の方も、若い男性=激しい、若い男性=久しぶりのような図式があって、ここも需要と供給が成り立ちます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ